古い話で恐縮ですが、朝日新聞2013年7月25日にタイトルの記事が
掲載されました。
朝日新聞は今デジタルは有料でしか見られないのですが、その後半部分が
ここに出ています。
http://d.hatena.ne.jp/kkumata/20130725/p2

前半部分は以下のとおりです。

「不況のせい」罪悪感ない男性
「ひどい言葉を浴びせられたり、体を触られたり、1日に3~4回はセクハラや痴漢に遭う」
エジプトの首都カイロ市内を走る路線バス。
毎日の通学に使う学生のヌラン・サイドさん(21)は車内で眉をひそめた。
朝夕のラッシュ時などにすし詰めとなる車内で、女性たちを悩ませているのが痴漢や
セクハラ行為だ。
最近、注意すべきは成人男性とは限らない。
「子どもも常習犯」とヌランさんは怒る。

女性の権利促進を目指す国連組織UNウィメンが今春発表したエジプトのセクハラ実態調査では
女性の99.3%が被害に遭ったことがあると回答。
その9割が通りや公共交通機関などで起きた。
被害者の6割は胸などを触られる悪質な痴漢の被害を受けている。
一方、セクハラや痴漢をしたことがある男性は51.6%。
理由の約7割が「性欲を満たすため」だった。
国民の約9割がイスラム教徒で、女性は頭髪を隠すベールをかぶり、長袖のシャツにロングスカートが
日常的な服装だ。
髪や肌を隠すのは、誘惑に負けやすい男性の視線をさえぎる意味もあるのに、効果なしだ。

男性にもきいてみた。
「全く罪悪感はない」。セクハラや痴漢を繰り返しているという男性(20)は
朝日新聞の取材に「結婚したくても仕事がないからできない。
セクハラしない男なんていない」と開き直る。
エジプトでは結婚前に男性側が家を購入し、生活の基盤を整えるのが一般的だ。
しかし、平均的な大卒初任給は約400~600エジプトポンド(5600~8400円)。
失業率は約13%に達し、若者の結婚難は深刻になっている。

(by アヒル)
今日の午前はスタッフミーティング。
いろいろとアイデアも出て、いいミーティングでした。
気分はさわやか。
その後の中華のランチ食べ過ぎで、今はちょっと胃もたれ気分。。。

(by mo)
BBCの映像ニュース

イギリスではFGMが法律で禁止されているものの、起訴されたケースは
これまでにない。フランスなど他のヨーロッパ諸国と比べてFGMへの
取り締まりが緩く、活動家たちはより厳しい対策を求めている。
http://www.bbc.co.uk/news/world-africa-23687058
http://www.bbc.co.uk/news/uk-england-london-22603996

以下も関連するニュース(2012年7月)
*some disturbing images contained
FGMについて話すグラスゴーに住むソマリア女性。
FGM廃絶を求める映画を作ったブリストルの女子学生たち。
http://www.bbc.co.uk/news/health-18931460

*some disturbing images contained
フランス(罰せられた切除者、再生手術、活動家の話など)と
オランダ(政府の取り組みを紹介する活動家)のケース。
ヨーロッパに住むアフリカ移民はイギリスに行って娘にFGMを施すと、
指摘する活動家たち。
http://www.bbc.co.uk/news/world-18976217



ガーナアッパーイースト地域の地方議会が、FGM廃絶に向けた
戦略を発表することに。
この地域では、国境を接するブルキナファソやトーゴで娘にFGMを
受けさせる親が多いという。
http://www.ghanabusinessnews.com/2013/08/01/upper-east-in-strategic-move-to-curb-female-genital-mutilation/
FGM廃絶を求める活動家たちのポートレートを集めた写真展。
ベルギーのアントワープ中央駅で8月5日までって、場所も時間も無理。。。
写真だけでも見ることができます。
http://www.mafacondedirenon.be/en/home
http://www.theguardian.com/global-development/gallery/2013/jul/29/female-genital-mutilation-opponents-pictures#/?picture=413500135&index=0
海外の記事にもあります。)
アフリカ、ヨーロッパの反FGM活動家たちのポートレートを集めた
巡回写真展"FGM:My Way of Saying No"
ガムス・ベルギーとBoîte à Imagesによる共同プロジェクトで、
8月5日までアントワープ中央駅で展示。
http://www.mafacondedirenon.be/en/home
 ↑写真は右下の"Click here to view a selection of pictures"をクリック
 するとみられます。
http://www.theguardian.com/global-development/gallery/2013/jul/29/female-genital-mutilation-opponents-pictures#/?picture=413500135&index=0

ナショナル・ジオグラフィック誌掲載Efua Dorkenooさんのインタビュー
(上記写真展にもポートレイトあり)
http://news.nationalgeographic.com/news/2013/07/130726-female-genital-mutilation-united-nations-unicef-report/?rptregcta=join_free_np&rptregcampaign=20130802_lightbox_membership_nonhp_all#close-modal
「世界の女児3000万人に切除の危機 ユニセフ調査」

昨夜、この記事を読みました。
FGMのことが国際的に大きくとりあげられていることは、とても
力強いことだと思いました。
お知らせにも載っています。)

この記事にはコートジボワールの動画がついていて、FGMを受けた
少女や女性、切除を仕事としていたが今は止めて反FGM活動をしている
女性などが話しています。
言葉は現地語とフランス語なので、私は理解できないのですが英語の
字幕が出ます。
それが1行だけの簡単な英語なので、単語を拾うだけで大体理解できました。
本当はもっといろんな話が出ているのかもしれませんが、少女たちや
女性たちの顔を見ているだけでも、こちらにジンと伝わってくるものがありました。

(by アヒル)
7月22日のユニセフ発表について、日本ユニセフ協会による報告です(日本語)。
http://www.unicef.or.jp/library/pres_bn2013/pres_13_24.html

また、様々なメディアでも取り上げられています。

こちらは、日本語の記事で、ビデオ(現地語とフランス語)には英語の
字幕が付いています。
http://www.huffingtonpost.jp/2013/07/24/female_genital_mutilation_n_3647589.html

BBCニュース(英語)では地図も掲載されています。
http://www.bbc.co.uk/news/world-africa-23410858