6月25日、エチオピアの首都アディスアベバで「ガールサミット」が
開催された。
FGMと若年強制結婚の廃絶を求めて、昨年7月22日にロンドンで
開かれた「ガールサミット」のフォローアップとして行われた。
エチオピア政府は、2025年までにFGMと若年強制結婚をなくす
決意を表明した。
http://www.unicef.org/esaro/5440_eth2015_national-girl-summit.html
昨日はスタッフミーティング。
みんな週末の日程が合わず、例外的に平日になりました。

早いもので来月はもう次号ニュースレターの発行です。
メール便の廃止で、次号からはそれに代わるDM便という新しい
サービスを使う予定です。
リーフレットも新しくするので、それも同封できればいいのだけれど。






イランにもFGMを行っているコミュニティがある。
社会人類学者(イラン系イギリス人)Kameel Ahmadyは、3000人を
対象とした10年間にわたる調査結果を発表した。
http://nofgm.org/2015/06/03/female-genital-mutilation-in-iran-a-report-by-kameel-ahmady/

調査の模様をおさめたビデオ(タイトル「伝統の名のもとに」)では、
人々の生の声を聴くことができる。
(英語の字幕付き)
https://www.youtube.com/watch?v=RID4FnKf7oE&feature=youtu.be