日時 2014年2月11日(火・祝) 14:00~16:00(開場13:30)

場所 東京ウィメンズプラザ視聴覚室B
   渋谷区神宮前5-53-67地下鉄:表参道駅B2出口より徒歩7分。
  JR・東横線・井の頭線/渋谷駅徒歩12分

内容
・人体模型によるFGMの説明
・ドキュメンタリー『黒い苦しみ Noires Douleurs 』(日本語字幕付き・57分)
・ディスカッション

参加費 無料   
    ……… ……… ……… ……… ……… ……… ……… ……… ………

☆ゼロトレランスデ―について☆

ゼロトレランスとは「絶対に許さない」という意味です。
アフリカの活動家たちが2003年に、FGMは絶対に許さないという意思を示すために
2月6日を「国際FGMゼロトレランスデー」と決め、この日には、アフリカをはじめ
世界各国で関連イベントが大々的に催されています。
また、「FGMにはゼロトレランスを」というスローガンも今ではいたるところで
聞かれるようになりました。
わざわざ「ゼロトレランス」というのは、「クリトリス切除だけならしてもよい」とか、
「病院で衛生的にやるならよい」などという主張もあるからです。
WAAFもアフリカの人々の「どんな形であれFGMは許さない」という強い意志を
支援して行こうと思っています。


☆『黒い苦しみ』について☆

2007年5月、キャディ コイタさん(『切除されて』著者)が来日された折、ご自身が出演
されたフランスのテレビ番組を録画したDVDを「廃絶活動に役立ててほしい」とWAAFに
寄贈してくださいました(来日講演の内容についてはニュースレター44号に掲載)。
“Noires Douleurs [黒い苦しみ] ”というタイトルのこの番組は、キャディさんを含め、
アフリカから移民した4人の女性たちがFGMについて語るドキュメンタリーで、現在の
FGMとその廃絶運動の状況を理解できる貴重な映像です。
WAAFは「ザ・ボディショップニッポン基金」助成金を得て、これを翻訳・日本語字幕を
つけました。


皆さまのご来場を心からお待ちしております!
TrackBackURL
→http://stopfgm.blog.fc2.com/tb.php/228-7dd8bf37