ケニアでは法律でFGMが禁止されているが、地域・民族によっては
FGM実施率がかなり高い。
切除者はFGM施術以外に収入を得られず、女性はFGMを受けないと
結婚できない。
http://www.theguardian.com/society/2014/feb/07/female-genital-mutilation-kenya-daughters-fgm

イギリスでFGM廃絶を進めるFORWARDの活動家によると、
「あまりに幼いときに起こったことなので、自分がFGMを受けていることを
知らない女性がいる。
その一方で、「自分の文化なのでFGMを受ける」と言う少女もいる」
http://connecttheworld.blogs.cnn.com/2014/02/07/fighting-female-genital-mutilation/

FGMで損傷した性器を再形成する世界初めての病院が3月7日
ブルキナファソに開設される。
開所式にはブルキナファソ大統領夫人で、長年FGMに反対の声を
上げ続けているシャンティコムパオレさんが出席する予定。
http://www.ghanaweb.com/GhanaHomePage/health/artikel.php?ID=301573
http://www.womanistworld.com/burkina-faso-first-lady-to-commission-the-worlds-first-clitoral-repair-hospital-for-victims-of-female-genital-mutilation/
TrackBackURL
→http://stopfgm.blog.fc2.com/tb.php/236-5a1ebafd