7月22日開催の「ガールサミット2014」から

キャメロン首相は「今後は娘がFGMを受けるのを止めらなかった親は法律で
罰せられる」と、FGM廃絶に向けてイギリス政府がより厳しく取り組むことを発表。
日本政府は、ジェンダー平等を達成するために3年間で30億円をユニセフ、
UNFPAなどに寄付する意向。
パキスタンの人権活動家マララ・ユスフザイさんが、「人権を侵害する伝統には
従うべきではありません。伝統や文化は人間が作るもの。それを変える権利も
私たち人間にあるはず」とスピーチ。

http://www.girleffect.org/news/2014/07/live-girl-summit-2014-as-it-happens/

チャンネル4のニュースでは動画も見られます。↓
http://www.channel4.com/news/the-numbers-behind-female-genital-mutilation

http://edition.cnn.com/2014/07/22/world/europe/uk-fgm-girl-summit/index.html

http://news.yahoo.com/girl-summit-tackling-fgm-held-london-001548167.html;_ylt=A0SO8x8Re9BTKHIA1RJXNyoA;_ylu=X3oDMTEzZDVvN3BmBHNlYwNzcgRwb3MDMwRjb2xvA2dxMQR2dGlkA1ZJUDQ2MF8x



TrackBackURL
→http://stopfgm.blog.fc2.com/tb.php/258-c711e2e2