FGM施術後に少女が死亡した事件で逆転有罪となった医師に
ついて(2015.01.28記事参照)、裁判所は医師免許取り消しの
決定を下した。
この医師は、有罪となってからも服役することはなく、業務を
続けていたという。
この決定の数日前、医療専門家がFGM施術を行わないよう
政府による新たな取り組みが始まったところだ。

http://www.bbc.com/news/world-middle-east-35664978

*2015年1月控訴審で医師に対して懲役2年3か月(過失致死罪で2年、
FGM施術で3か月)及びクリニック1年間閉鎖の判決が、少女の父親にも
3ヵ月の執行猶予という逆転有罪が言い渡された。
エジプトにおいてFGM実施者に有罪判決が下されたのは、初めてのことだ。
<WAAFニュースレター70号にも関連記事掲載>



TrackBackURL
→http://stopfgm.blog.fc2.com/tb.php/353-92406b63