2016.08.23 アメリカから
米国のFGM被害者50万人以上

米国でFGMを受けている、あるいはこれから受けさせられる
危険にある女性・少女は、50万人以上になるという。
この数は、FGMの慣習をもつ国々からの移民が増加するに従い、
1990年から3倍になっている。
NGOはもとより、有力政治家も、「多くのアメリカ人はFGM
について無関心だが、深刻な人権侵害の問題であり、早急に
取り組むべき」と訴えている。
米国では3年前、娘を国外に連れ出してFGMを受けさせることも
法律で禁止されたが、取り組みはまだまだ不十分だ。

https://www.washingtonpost.com/news/powerpost/wp/2016/08/11/with-500000-female-genital-mutilation-survivors-or-at-risk-in-u-s-its-not-just-someone-elses-problem/

TrackBackURL
→http://stopfgm.blog.fc2.com/tb.php/374-fd1343e2