ほとんどの女性がFGMを受けているというソマリランド
からのフォトレポート。

<国内避難民キャンプに住む80歳のCibaado Ismail>
FGMが原因で娘を亡くした経験を持つ。
FGM廃絶キャンペーンによって知識を得てからは、10人の
孫娘にFGMを受けさせなかった。

<41歳の切除者Asha Ali Ibrahim>
10歳になる孫娘にFGMを受けさせるつもりだ。
切除の仕事は母親から受け継いだ。
彼女自身、母からFGMを施された。
母は同じ刃で何人もの少女を切除して、感染症を引き起こす
ことがあった。彼女は毎回新しい刃を使っている。

<FGMについて教える教師Asha Ali Suldan>
助産師を目指す学生にFGMがもたらす合併症について
教えている。
FGMを廃絶するためには、この慣習についての教育が
欠かせない。

<47歳のシークAlmis Yahye Ibrahim>
大学の学長でもある彼は、FGMの有害性について彼のモスクに
集まる5千人の人々に説いている。
6人のシークで結成したFGM廃絶ネットワークのメンバーでもあり、
自分の3人の娘にはFGMを受けさせていない。

https://www.theguardian.com/global-development/gallery/2017/aug/11/female-genital-mutilation-in-somaliland-in-pictures?CMP=share_btn_link
TrackBackURL
→http://stopfgm.blog.fc2.com/tb.php/415-fb6f9af0