4月1日、ゼロトレランスデーイベントを開催します!
みなさま、どうぞご参加ください。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
私たちがアフリカの女性たちの健康と尊厳を守るため
女性性器切除廃止の支援を始めて20年。
慣習は減少してはいますが、まだなくなっていません。
現状を認識し今後の活動を広げるため以下の集会を開きます。
みなさんの参加をお待ちします。

2017年ゼロトレランスデー記念行事
― WAAF20年の足跡 ―


日時:2017年4月1日(土)午後2時~4時(開場1時半)

場所:東京ウイメンズプラザ 第2会議室B
(東京都港区神宮前5-53-67)

内容
・現地支援団体へのアンケート結果報告
・反FGMアニメの紹介(イギリスFORWARD作成 日本語版作成WAAF)
・講演:ウガンダのFGMの現状(活動家チュリモ・アシャさん)

参加費:無料 
事前申し込み不要

問い合わせ:waaf@jca.apc.org
WAAFのホームページに写真を提供してくださっている
小林博子さん。
小林さんは、2003年にバングラディッシュの女子学生に
向けた奨学金プログラムを立ち上げ、支援を続けて
こられました。
「日本から愛をこめて」と題されたこの記事では、奨学金
によって、100人の女子学生が学校教育を受けることが
できたと紹介されています。

http://www.thedailystar.net/backpage/japan-love-1359700
今月のスタッフミーティング、終了しました。

ゼロトレランスデーのイベントを4月1日に開くことが
決まり、その準備やら、反F基金交付先の決定やら、と
急に忙しくなってきました。

いつもは3月下旬に発行しているニュースレターは、
この4月1日のイベント報告を載せるため、1か月ほど
先延ばしすることにしました。

ちなみにイベントの会場は、東京ウィメンズプラザで、
盛りだくさんの内容(を計画中)です。
今年初めてのスタッフミーティングを開きました。
議題の中心は、ゼロトレランスのイベントについて。

本来のFGMゼロトレランスデーは、2月6日なので
私たちも以前はその日前後に勉強会やら何やらを
開催していたのですが・・・何せ、寒いっ。雪が降る
可能性もある。
それで、この頃では3月や4月、あるいは全然違う
時期に行っています。

今回は4月1日の予定です。
寒くはないし、雪も降らないと思います。
なので、どうか皆さん、ご参加くださいますように。
今年最後のスタッフミーティング終了しました。
反F基金のことやら、ゼロトレランスのイベントの
ことやら、決めなきゃならないことが結構ありました。

寒いけれど、陽だまりはあったかで、ランチのエビ玉
定食もおいしかった。
中華の卵料理はおいしいな~。
できればご飯をもう少し盛ってほしかったな~。